稽古の内容

170204 (9).JPG

尼崎北支部では以下の内容で稽古を行っています。

  1. 整列・礼
  2. 体操、柔軟ストレッチ、補強
  3. 基本稽古、型稽古
  4. ミット打ち
  5. 組手稽古(防具付きスパーリング)
  6. 整列・礼

1.整列・礼

『空手は礼にはじまり、礼に終わる』の言葉の通り、まず全員で整列をして挨拶と礼を行います。
座るときは正座で、師範(正面)に向かって、黒帯~色帯の順番で整列します。

rei.JPG
黙想で精神統一し、お互いに礼をして稽古を始めます。

稽古終わりのときも整列し、訓を唱和して終わります。


2.体操・ストレッチ・補強

まずは十分な体操とストレッチを行います。
どのスポーツや武道でもそうですが、これをサボるとケガの原因になります。

strech.jpg

また腕立て伏せや腹筋などの基本的な筋力トレーニングも行います。


3.基本稽古・型稽古

基本の立ち方から脚上げ、突きや蹴りを全員で行います。

野球のバット素振りではありませんが、突き・蹴りの基本動作を繰り返すことで、空手の基本的な動作と筋力、持久力を養います。

kata3.jpg

型稽古』では少林拳空手伝統の型を学びます。

』とは空手技の演武で、級が上がるごとに難しく、そして華麗になっていきます。

基本の立ち方から受け返し、約束組手など、空手で強くなる要素が凝縮されています。

20171209武庫体 (65).JPG
』は強くなるための基本中の基本、しっかりと練習します。


4.ミット打ち

実戦を想定して、ミットに突きや蹴りを打ち込みます。

強く、正確な突きや蹴りができるように、しっかりと繰り返し打ち込んで練習します。

mit001.jpg

また打ち込むなどの当たる部分、手首・体幹・筋力の強化など、より実戦的な技術向上に役立つ稽古です。

mit_kick2.jpg

日頃のストレス発散にもなりますが、持久力が必要なので、スタミナ養成もできる練習です。


5.組手(スパーリング)

防具を着けて組手の稽古を行います。

初級は少林拳『中段ルール』となり、胴プロテクターへの突き蹴りのみの安全な組手ルールからはじめます。

kumite005.jpg

突きや蹴りがきれいに胴に当たると『技あり』になりますが、相手の技を受けながら間合いや呼吸を読む技術も必要になります。

技あり』が取れた時に、自分が上達したことを実感できることでしょう。

同レベルの生徒同士でのスパーリングや、先輩に受けてもらいながら実践的な練習を行います。

170204 (49).jpg

相手の攻撃を受けたり、また『相手の痛み』も知ることで『強さ』と『優しさ』を身に着けることができます。

いざと言う時の護身として、さらに『自分に負けない』強い精神力を鍛えることができます。


休憩について

稽古の間には、十分な休憩・水分補給を行っています。

rest.jpg

昔のスポ根マンガのような、トレーニングは行いませんので、ご安心を!

各自の体力や技量に合わせて、調整しながら稽古を行います。

rest2.JPG

尼崎北支部では、無料見学・空手体験を行っています。

動きやすい服装であれば、どなたでも参加することができます。

 

空手体験・見学について


home_card.pngwhat_amakita_card.pngdoujou_card.pngjoin_us_card.pngschdule_card.pngprizes_card.pngfre_experience_card.pngapointment_card.pngama_tyuo_card.pngitami_minami_card.png

【少林拳|外部リンク】shourinken_offcial_card.png

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中